管理部門
Management

経営インフラと組織の強靭化 ー 活力ある組織と次世代ロジスティクスの進化へ ー

管理部門では、ITソリューション活用による業務改革や、安定的且つタイムリーな商品供給の為の物流改革を積極的に行い、“ゼロベースでの発想”を基にした業務改革に日々取り組んでいます。

主な取り組み

これまで、営業部門を事務管理面においてサポートする“縁の下の力持ち”的な役割として思われることが多かった管理部門。
しかし、昨今の働き方改革の中では、革新的な業務改革・物流改革など、これまでにない攻めの姿勢が必要であると私たちは考えます。

業務管理部門

社内システム開発・運用・管理
  • サン・ダイコーでは、自社でシステムを開発・運用しています。
    時代に合わせたシステムとなるべく、現場の意見を取り入れ日々進化させています。
  • 業務で使用するパソコン、ネットワーク、office365等が安定稼働するよう管理しています。
事務作業の自動化推進

OCR・RPAを組み合わせ、社内の事務処理の自動化を推進しています。

*OCR(Optical Character Recognition)・・・紙の文字をデータとして読み取る技術

*RPA(Robotic Process Automation)・・・業務プロセスの自動化技術の一種

ロジスティクス強化へ向けた物流運行システムの構築・運用
  • 新運行管理システムの運用により、配送業務の更なる効率化・末端配送の平準化に取り組んでいます。
  • 次世代ロジスティクスを担うことのできる、物流現場のスペシャリストの育成も行っています。

物流部門ページへ

人事総務・経営企画・薬事監査 部門

働き方改革に向けた業務改革と、労働環境の柔軟性向上

業務改革へ向けた傾向分析等を行い、営業部門・業務管理部門と連携をとりながら柔軟性の高い労働環境づくりを推進しています。

“適所・適材”で多様な人材の発掘へ

適材適所ならぬ“適所・適材”を念頭に、新卒採用に加え、キャリア採用の活性化による多様な人材の発掘を推進しています。
“各事業部門の成長や新しい挑戦の為に、必要なスキルを持っている人材を発掘する”という発想で活動することにより、スキルを最大限に活かし合える継続的な組織運営と、個性豊かな人材が育つ魅力ある職場作りが可能です。

法令順守の徹底
  • 法律に基づいた動物用医薬品・医療機器の販売、品質管理を行っています。
  • 社員のコンプライアンス意識向上への取り組みや健康経営の徹底・継続等を行っています。
  • 管理部門 組織図

  • 物流職

  • 内勤職

成長戦略

我が社の管理部門は、最新のITソリューションを活用した業務効率の改善チャレンジや、得意先様へ安定的かつタイムリーに商品をお届けするための物流改革など、“ゼロベースでの発想”を合言葉に革新的な業務改革に取り組む、攻めの管理部門を目指しております。

管理本部 人事総務部
部長 三浦 大亮

  • フォレストグループ
  • Forest Holdings
  • みらい創世史

PAGE TOP